土壌に関するお困りごとはいであ

いであは調査計画~調査実施~対策方法の検討~対策工事、対策工事後のモニタリングまでワンストップソリューションで対応可能です。

こんなお困りごと、希望はありませんか?

  • 土地の購入を考えているが、クリーニング店跡地ガソリンスタンド店跡地の土壌環境が心配

  • 宅地を売りたいが土壌調査しないと駄目?

  • 調査と分析、対策施工を一括で依頼したい

  • 信頼、実績のある会社に任せたい

いであライフケアサービスならすべて解決

矢印
  1. クリーニング店跡地、ガソリンスタンド跡地は汚染の可能性があり、土壌汚染対策法第3条に基づく義務調査の必要がある場合があります。
  2. 土地売買契約が完了した後に、土壌調査が行われ汚染が見つかった際に土地売買契約の取り消しを求められるなどのトラブルに見舞われる事もあります。宅地売買の前に調査を行うことをお勧めします。
  3. 調査の計画~調査の実施~対策方法の検討~対策工事~対策工事後のモニタリング調査まで、ワンストップ・ソリューションで対応します。
  4. 豊富な経験により、様々なお客様より依頼を受けています。
  5. 主な受注機関

    国土交通省、防衛省、東京都、(独)都市再生機構、地方自治体(県、市、町)、財団法人、民間企業

お客様のご希望に合わせたサービス

  • 土地売買時の土壌調査

  • 土地開発時の土壌調査

  • 環境管理のための資料等調査・土壌調査など

コンサルティングサービスの流れ

資料等調査

土地の使用履歴などについて資料調査、ヒアリング、現地踏査を行い、土壌・地下水汚染の発生や外部からの汚染物質の侵入などのすべての可能性を調査します。資料等調査により、汚染の可能性を的確に判断し、無駄のない最適な調査計画を提案いたします。

分類 調査事項
地形・水文地質調査 地形、地質、水文地質、地下水流動
地下水汚染状況 汚染濃度分布、汚染濃度変化
汚染物質の利用状況 汚染物質の使用・保管・運搬状況、排水・廃棄物の発生・処理状況、施設の破損や事故の履歴
土地・地下水の利用状況 過去・現在・将来の土地・地下水利用
過去の事業活動 汚染物質漏出の可能性
矢印

概況調査(土壌汚染判定調査)

土壌汚染判定調査は、調査対象地内の土地について土壌汚染が存在するおそれを次の3種類に分類し実施します。調査は区画単位(10m、30m)で行いますが、おそれの分類によって変化します。

  • ・土壌汚染が存在するおそれがないと認められる土地
  • ・土壌汚染が存在するおそれが少ないと認められる土地
  • ・土壌汚染が存在するおそれがあると認められる土地
概況調査
矢印

詳細調査(ボーリング調査等)

土壌汚染判定調査で表層土壌の汚染が判明した場合、鉛直方向の調査(ボーリング)を行い、土壌・地下水の汚染状況や地盤を把握します。その結果から、汚染の範囲を確定できます。

詳細調査
矢印

各種対策のご提案

詳細調査で判明した汚染の範囲、汚染地周囲の環境状況などをもとに、多種多様な汚染対策の中から、目的にあう最適な汚染対策を提案いたします。

土壌汚染対策の例

  • 立ち入り制限
  • 遮水工封じ込め
  • 舗装
  • 遮断工封じ込め
  • 覆土
  • 掘削除去
  • 土壌入れ替え(指定区域内/指定区域外)
  • 原位置浄化
  • 原位置封じ込め
  • 原位置不溶化
  • 不溶化埋戻し
矢印

対策後の各種モニタリング

対策効果を確認するほか、土壌汚染対策後、対策が行われた場所周縁の地下水の下流側か、指定区域内の適切な地点に観測井を設置し、1年に数回、定期的に水質を測定いたします。

対策後の各種モニタリング

ログインはこちらから



検索条件

商品カテゴリ
商品名を入力